ロボット教室、月謝はどのくらいかかるもの?

最近日本の子供達の間で理科離れが起きていると言われています。驚きや発見など、本当は楽しい教科である理科に興味を持てないのは、学校では教科書ばかりの授業が行われており、実際に科学の面白さを体験していないからかもしれません。ヒューマンアカデミーのロボット教室では、自分の手でものを作り、それが実際に動くという感動が体験できます。
「でも、習い事ってお金がかかるし…」と躊躇している方は、実際にロボット教室ではどれくらいの月謝が必要なのか、ここで一緒に確認してみましょう!

入会金が1万円~2万円程度

ヒューマンアカデミーのロボット教室へ入会するのには入会金がかかります。価格は1〜2万円ほどですが、初回の入会金を払うだけで、就学前のプライマリーコースからベーシックコース・ミドルコースを経て、小学校高学年が対象のアドバンスコースまでトータルで数年に渡る講座が受けられるので、1〜2万円という価格は随分とお得な印象を受けます。

初回の教材費が約3万円

ロボット教室では、ロボットを作る上で欠かせないブロックなどの教材に別途費用がかかります。ベーシック、ミドル、アドバンスと、それぞれのコースは12ヶ月や18ヶ月の長期間に渡るので、およそ3万円の教材費はひと月あたりで計算すると約1,700円から2,500円ほどです。更にひと月2回講座が開かれることを考えれば、1回あたりの講座で見ると初回に支払う教材費は格別高くはないでしょう。
教材費はロボットになるので一生自分のものとして残ります。見えないものに消えていくわけではないので、子供の生涯の思い出として残ることを考えれば、むしろ安いと感じられるでしょう。

授業料とテキスト代で月あたり1万円強

小さい子供の習い事の1科目辺りの平均の月謝はひと月1万円ほどです。1回90分の講座が月2回なので1回あたり5,000円くらいですね。この値段は授業料だけではなくテキスト代も含んでいます。

白衣や機材費等別途かかることも

その他にも、ロポット教室では別途に費用がかかることがあります。科学実験には欠かせない服を汚さないための白衣、子供の興味を引く高水準な講座を維持するための機材費用などの負担もあります。子供達は理科に興味がないフリをするのに、白衣はなぜか大好きなようなので、白衣を着るだけでもテンションが上がる子がいます。形から入る子は白衣から理科に興味を覚えるかもしれません。

関連ページ

ロボット教室で使う教材、どんなもの?
ロボット教室では、子どもたちが楽しみながら理系分野への理解を深められるように、工夫を凝らした教材が用いられています。 レゴブロックや専門の監修者設計のオリジナル教材など、その種類は教室によってさまざまです。 ここでは、実際のロボット教室で使われている教材をいくつかご紹介します。
ロボット教室の口コミ、チェックポイントは?
子どもが成長するにつれ、考え始めるのが「習い事」。子どもの将来を考えると、「何か習い事をさせたい」と感じているママも多いはず。しかし、何を習わせたら子どものためになるか、どこの教室に通えば良いかなど、考えなければならないことはたくさんありますよね。